online-kensyu-thumbnail

目次

オンライン研修 とは?

働き方の形が年々変化してきている中、研修の形もまた時代に合った新たな形式を考える必要があります。その中でも軽視することが出来ないのがオンライン形式での研修方法です。研修をオンライン化することで「開催コストの削減」「会場までの移動時間短縮」「リモートワーク環境化での実施しやすさ」などメリットが多く存在します。また、 オンライン研修 には様々なパターンがあり、それぞれの長所と短所を把握した上で、どの形式を選択すべきかが重要となります。

それでは、オンライン研修 にはどの様な形式があるか見てみましょう。

・対面式オンライン研修

Zoomなどのオンライン会議ツールを使い、リアルタイムに研修を行う方法です。対面式オンライン研修の場合、講師への質疑応答もリアルタイムに行えるのが特徴です。ですが、従来の研修の様に、同時刻に従業員がパソコンの前に揃う必要があり、リモートワークとは言えなかなか調整が難しいのも事実です。

・eラーニング

従来からある方式で、事前にオンライン上に用意されたカリキュラムを個々でこなす方法です。勤務時間内に都合の良いタイミングで実施出来るのがeラーニングの特徴です。しかし、取り組み姿勢や質疑応答などがリアルタイムに把握出来ない為、より一層の理解を深める事が難しいとも言えます。

・オンライン動画研修

あらかじめ撮影された研修動画を個々に視聴する方法です。好きな場所、好きなタイミングで視聴することが出来、場所や時間の制約が無いという手軽さがあります。一方でeラーニングと同様に、取り組み姿勢や質疑応答などの状況が把握出来ない為、研修の品質が不透明になりやすくなります。

オンライン研修のどの形式でも「便利」「手軽」などのメリットがある反面、「成果」「品質」の不透明さがデメリットとなってきます。

人事から見たオンライン研修のメリットとは?

オンライン研修イメージ写真

インターネットに接続可能なパソコンとインターネットの環境さえあれば、場所に関わらず、まるでオフィスに居るようにして研修が行えるため、これまで行っていた研修の形式に比べて著しく実施までの期間が短くなります。

従来の対面型集合研修の場合、社内にいる従業員だけではなく、屋外やクライアント先を中心として過ごしている営業マンや出向スタッフなどともスケジュール調整をする必要があり、開催まで非常に時間がかかっていました。

しかし、インターネットの環境さえあれば参加できるため、社内社外の場所に関係なく日程調整などが行える為、開催までの空白期間が生じにくくなります。さらに、クライアント先などに出向していたスタッフが、研修の為にわざわざオフィスへ戻ってくる事も無くなる為、移動時間の短縮になると同時に、移動に要する費用の負担も軽減されます。

そして、従来の研修形式では、社内の会議室を利用する事例