企業研修

目次

企業研修におけるマネジメント

企業研修 マネジメント

マネジメントとは、企業が組織の成果を上げるために経営資源(ヒト・モノ・カネ)を効率的に活用し、リスク管理のもと「目標」の達成を目指すことです。

マネジメントは「経営」や「管理」を意味し、これがビジネスシーンに転用されました。現在の企業におけるマネジメントとは、「経営管理」や「組織運営」といった意味となります。

なぜ、企業にはマネジメントが必要なのでしょうか。それはマネジメントが企業の持続的な発展に欠かせないからです。企業研修では、マネジメントにおけるポイント3点を押さえた研修を行いましょう!

・組織を発展させるために、既存人材の能力を発揮する活躍の場を与える。

・組織が果たすべき目標を把握し目標達成のための組織運営を実施する。

・従業員を、成果を最大化できるような人材に育成する。

また、企業・組織は「社会貢献」を行うことも重要です。

自社の業績向上を目指すだけでなく、マネジメントを通して「社会貢献」することが組織の責任でもあるのでその施策も考えていきましょう。

今回はマネジメントについて、今時の若者に効果的なマネジメント法と新人研修の重要性をお話しします。まずはマネジメント法について3つご紹介します。

マネジメント手法