目次

ソフィアコミュニケーションズが代表機関として活動している地域PF「TOKYO中小企業活性化プラットフォーム」。その活動の一環である中小企業を支援する「ミラサポ専門家派遣」
その専門家派遣の平成30年度における支援課題別事例集に弊社から専門家として派遣させていただいた、中小企業診断士・小林誠氏が紹介されました!!
詳しくはこちら↓↓↓

専門家紹介

小林誠■氏名:小林誠

■保有資格:中小企業診断士・情報処理技術者

■専門分野:ITによる経営の効率化

 

詳しい専門家プロフィールはこちら↓

https://specialist.mirasapo.jp/consul/pro/0035F00000yJ2F7QAK

(プロフィールをご覧いただくにはミラサポへのログインが必要です。)

企業紹介

オフィスアール■会社名:株式会社オフィスアール

■業種:サービス業(資本金:1,000万円)

■創業:平成2年

■企業概要:芸能プロダクション

 

支援概要

支援の経緯

本企業は、平成2年に創業し、多数の有名ナレーターを擁する芸能プロダクションである。ナレーター派遣以外にも、多角的に事業を展開しているが、社内の人員が不足しており、業務の効率化が図れていいないため、本業以外の分野で成果が出ていない状況である。今後も、事業の多角化で本企業を成長させたいと考えているが、どの事業を中心に経営を行っていくべきか、決定しかねていた。そこで、経営効率化や事業計画の策定についてアドバイスがほしいと当機関(TOKYO中小企業活性化プラットフォーム)に相談があった。

派遣元機関による実施内容と専門家選定理由

当機関(TOKYO中小企業活性化プラットフォーム)がヒアリングをしたところ、本企業の中核でもある「ナレーター派遣」業務において、事務手続き等が煩雑であること、担当マネージャーに業務が集中してしまっている現状が判明した。この状況を改善するために、ITの活用により業務効率化だけではなく、多角化の一環として展開している「スクール事業」を独立させて、事業をさらに発展させたいという意向も持っており、専門的見地からのアドバイスが必要であると判断。そのため、中行企業診断士の資格を有し、IT活用した経営力強化の支援実績の豊富な本専門家に依頼した。

専門家による具体的な支援内容

本企業の経営及び事業多角化への状況をヒアリングしていく中で、最終的に「スクール事業」を独立させることが、業務の効率化及び本企業の事業